木霊、言霊。

備忘録か、遺言か、ラブレターか。

命に触れて、心は揺れる

一体誰がこんな一日が来ることを想像出来ただろうか。

 

昨日はいつもと変わらない夜だった。

今日もいつもと変わらない朝が来るものだと思い込んでいた。

 

"それ"は、突然訪れた。

日常は、非日常になった。

 

知っている街で、家が壊れた。

知っている街で、人が死んだ。

 

望んでいないのに、壊されたのだ。

望んでいないのに、奪われたのだ。

 

 

 

"それ"自体は初めてのことでは無い。

 

今までも、何度も見てきた。

今までも、何度も聞いてきた。

今までも、何度も経験してきた。

今までも、何度も学んできた。

 

そのつもりだった。

 

だから、後悔を一つも残さないように生きると決めたのだ。

だから、当たり前のことを当たり前のことだと思わないと決めたのだ。

だから、今日が人生最期の日だと思って生きると決めたのだ。

だから、明日死んでも構わないと思えるように生きると決めたのだ。

 

そのつもりだった。

 

ずっと、そのつもりだった。

 

 

 

だけど僕は、分かっているつもりになっていただけ、だったらしい。

 

自分が死ぬかもしれない。

家族が死ぬかもしれない。

友達が死ぬかもしれない。

大事な人が死ぬかもしれない。

 

もう、明日が来ないかもしれない。

 

そう思うと、本当に怖い。

いつ訪れるか分からない"それ"が、本当に怖い。

 

死にたくない。

死んで欲しくない。

生きていたい。

生きていて欲しい。

 

死を実感して初めて、強く生を実感している。

 

まだ、会いたい人がいる。

まだ、聴きたい声がある。

まだ、伝えたい言葉がある。

まだ、果たしたい約束がある。

 

まだ、死ぬわけにはいかないのだ。

まだ、死んで貰うわけにはいかないのだ。

 

 

 

 

 

今日から一週間…特に二、三日の間は警戒する必要があるらしい。

 

きっと、不安な日々が続くことだろう。

きっと、心細い夜を過ごすことになるだろう。

 

だけど、僕は一人じゃない。

だけど、あなたは一人じゃない。

怖いのは僕だけじゃない。

怖いのはあなただけじゃない。

 

"それ"の恐怖を知ったからこそ、出来ることがある筈だ。

"それ"の恐怖を知ったからこそ、やるべきことがある筈だ。

 

正直、見ず知らずの人を信用するのは難しい。

だけど、今はそれで良い。

 

それぞれが。

それぞれの未来の為に。

それぞれの最善を尽くして。

それぞれの戦いをすること。

 

そんな歪な形の共同戦線が、今の僕らに出来るささやかな抵抗だ。

 

負けない為に、死なない為に。

 

まずはこの一週間を、共に戦おう。

 

 

 

 

 

 

 

長くなったけれど、最後にもう一言だけ。

 

 

 

本日亡くなられた方々のご冥福と、怪我をされた方々の少しでも早い快癒を心からお祈りします。

今以上の被害と、これ以上の犠牲者が出ないことを願うばかりです。

 

 

 

どうか、何事も無く朝を迎えられますように。