木霊、言霊。

備忘録か、遺言か、ラブレターか。

自由

自由になりたい。

 

やりたいことが出来なくて苦しい。

言いたいことが言えなくて苦しい。

行きたい場所に行けなくて苦しい。

会いたい人に会えなくて苦しい。

 

目に見えない何かに縛られて、いつの間にか何も出来なくなってしまった。

 

何かに縛られていることは分かっている。

それなのに、何に縛られているのかが分からない。

何かを失くしてしまったことには気が付いている。

それなのに、何を失くしてしまったのかが分からない。

 

目に見えない何かが存在することを、知らず知らずのうちに知り過ぎてしまった。

 

幼い頃は、何にでもなれるような気がしていた。

幼い頃は、何処にでも行けるような気がしていた。

 

今思い描いている自由と、あの日思い描いていた自由。

自由なようで不自由な僕と、不自由なようで自由な僕。

 

何処に行けば、本当の自由に出会えるのだろう。

いつになれば、本当の自由に出会えるのだろう。

 

自由に近付けば近付くほど、自由の輪郭がぼやけていく。

自由を求めれば求めるほど、自由の正体が分からなくなっていく。

 

自由でありたい。

自由になりたい。

 

ただ、それだけのことなのに。

 

自由でありたいと願う僕は、自由でありたいという想いの鎖に縛られてしまっている。

自由になりたいと願う僕は、自由になりたいという想いの鎖に縛られてしまっている。

 

それでも尚、自由を愛してしまうこの宿命から解き放たれるには、どうすればいいのだろう。

 

 

 

 

自由とは、何だ。